FC2ブログ

2009'07.28 (Tue)

『コスプレ探偵』 舞台挨拶 渋谷シアターTSUTAYA

7月25日、晴れ。

溶けそうな暑さの中、分けてもらった日食パワーで蒲田から向かうは渋谷。

やけに浴衣姿で行き交う人々が多い週末と思えば、隅田川の花火大会の日でもあったわけで、なるほど。

夏の風情も感じつつ着いたのは、お洒落なミニシアター、渋谷シアターTSUTAYAさん。
渋谷ツタヤ

Rioっちが主演する映画『コスプレ探偵』の上映と舞台挨拶です。
渋谷ツタヤ前
クランクインから早2ヶ月のスピード公開となりました。

モダンなカウンターで上映を待ち、館内に入場すると173の赤色の客席と大きな白いスクリーンが。

やっぱり映画館はいいですね~。

指定の席に着き館内を見回すと、たくさんのお客さんが。

予定通りに待望の『コスプレ探偵』の1回目が無事上映された後、舞台挨拶がありました。

※上映後でネタバレも含まれてたので割愛します


再入場すると2回目の上映前の舞台挨拶からです。

2回目の上映も、上映後には終電が間近にも関わらずたくさんのお客さんが入ってました。

司会者の紹介で、客席の拍手に歓迎され主演のRioっちから登壇♪♪

左から、出演者の桜井まりさん、Rioっち、出演者の相葉優羽さん、仁同正明監督、原作者の倉科遼さんが壇上に揃い踏み、主演のRioっちから始まり一言づつご挨拶がありました。

1回目の舞台挨拶と比べると、皆さん緊張の糸も少し解れたご様子。

ご挨拶が終わると、作品についてのインタビューです。

主人公『理央』の役柄について聞かれるとRioっち、ネタバレしないよう気を付けながらの説明にほんわかとしたRioっちらしさも出て館内の笑いも誘いました。

Rioっちとの共演シーンが多かった相葉優羽さんは、3日間のタイトな撮影スケジュールの中でRioっちの持ち前の明るさに和まされ助けられたそうです。

原作者の倉科遼さんからは、『コスプレ探偵』を作る経緯と作品のコンセプトが語られました。

プロデューサーさんとの話し合いでRioっちで1本映画を撮ろうというのが企画の始まりで、Rioっちを見て題材に浮かんだのがコスプレだったそうです。


告知通り1回目と同じく1分間の撮影タイムがありました。

※サムネイルなので、クリックすると大きく表示されます

コスプレ探偵舞台挨拶①改.3

コスプレ探偵舞台挨拶②改.3

撮影の後はこちらも告知通り、2回目限定のサイン入り台本の抽選会が楽しく行われました。


そして名残惜しい客席へ、「超緊張する」Rioっちからメッセージが。

「タイトな撮影スケジュールの中、出演者の皆さんスタッフの皆さんと頑張って作った映画です」

「雨が降ったり大変な事もあったけど、それも含めて映画の個性だと思うので、何か一つでも感想を持って頂けたら嬉しいです」

とのことでした。

客席の拍手に送られゲストの皆さんが後にすると2回目の上映が始まりました。


さて、映画を見て私個人的に印象に残ったのはRioっちの演技でした。

細やかな演技がUPして、「Rioっち、腕を上げたな」というのが感想です。

タイトな撮影スケジュールの中、精一杯演技したのも良く伝わってきました。


DVDも近々リリースされるので是非ご覧になってみて下さいとのことです。



ふじ

スポンサーサイト



19:58  |  りおっちイベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME |