--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009'03.21 (Sat)

函館~札幌 湯煙らない各駅停車の旅 一日目

ドカン!というけたたましい衝撃で目が醒め下り立ったのは、はるばるきたぜ嵐吹き荒れる函館空港。
函館空港

19XX年の今回は、この時期3DAYSを無理矢理ネジ込んだ年度末覇者(敗者?)男二人による湯煙らない各駅停車の旅なのであるアタァーwww

【More・・・】

津軽海峡冬景色をチラ見しながらバスに揺られ函館駅に到着。

傘も折れる中 ご当地スィーツを無事ゲットし、まずは函館名物『塩ラーメン』で温まることに。
函館メンラー
店内に流れる中森明菜ヒットメドレーを聴きながら食すお味は、昔懐かしい青春の味でありましたU゚Д゚)(゚Д゚)ソレガヘンジヨー

温まり過ぎのいつも二人に戻り北国最初の各駅停車の列車に乗ることに。
一両編成

一両編成のショルダータックルをかましそうな旧式に揺られ下りた駅周辺は、
八重浜駅
ちょw住宅街www

閑静な住宅街を歩き抜け。
隣の靴流通センター
辿り着いた最初の目的地で『南斗最後の将』からのお告げがあったので、マターリと時を過ごすことに。

ビクトリア①
とりあえずハンバーグがっつりいっときましたU≧ヘ≦Uゞ


無事、『将』が降臨し救われし世界を見届けた後は、この連邦軍の寒冷地仕様の機体かのような列車に乗り次なる地 札幌を目指すことに。
急行ホクト
その間、実に4時間wwwww

いやはや、広大な北の大地をなめておりましたU ̄▽ ̄;U

4時間を、北海道定番駅弁メニュー『いか飯』と、幻の極まいう~な『生キャラメル』を男二人堪能して、爆睡する内に札幌に到着。

時計タワー改

雪降りしきる寒空の中歩いて目指すは繁華街。

この旅、もう一つの目的である北の海の幸を満喫し尽くす為であーる♪♪

男二人が向かったのはここ。
はちきょう・別亭おやじ
『はちきょう 別亭おやじ』

のれんをくぐり、カモメ達の鳴き声がこだまする港道を通り抜けると。
港道

威勢の良い店員に迎えられ『国道5号線』の席に案内されとりあえず乾杯U ^^)Y☆Y(^^ )

まず満喫すべく最初のメニューは『はちきょうサラダ』
はちきょうサラダ
新鮮なエビプリちゃんがうま~♪

揚げ物もいっときました『タコの唐揚げ』
タコ揚げ
思わず伸びる友の手も早いことwあっつあつのコリコリ感!

炭火でジックリと焼かれた羅臼産の『真ホッケ』
羅臼産・真ホッケ
これが・・・後ほど!


そしてきましたよ、お待ちかねの『つっこ飯』

あったかご飯に「ストップ」と言うまで盛られるイクラ醤油漬け丼は食べ残すと罰金、新鮮な海の幸との真剣勝負でございます!!!

「おいさぁ!!!」
オイサァ!!!①

「おいさぁ!!!」
オイサァ!!!②

「おいさぁ!!!」
オイサァ!!!③


「ストップ」して、つっこ盛られたイクラさんがコチラ!
つっこ飯
キラッキラに光り輝く北海の宝石箱であります

さぁ、震える手でその宝石箱を持ち食すそのお味は!?

ま、、ま、、ま、、まいう~っ!!!!!!!!

プチプチっと新鮮な食感を噛みしめると、ほんのり醤油と海の味が口の中に広がり言葉にならない幸福感が得られること受けあい♪

ただただ、あったかご飯と一緒にがっつくのみでありますU^○^U

ちなみに、ハーフサイズもあるので女性の方もご安心を。

「おいさぁ!!!」の掛け声に圧倒されて早めの「ストップ」には、やさしく「おいさぁ」と続けて盛ってくれるのでその辺もご心配無くw


さて、まいう~っなイクラさんをがっつりいった後は、『つっこ飯』と同じ位楽しみにしていた『真ホッケ』をやっつけに戻ることに。

『はちきょう』でしか食べれない羅臼産の真ホッケは全国で3本の指に入る絶品でして(最近、王様のブランチで絶賛された真ホッケは10番目とかw)、私ホッカイダーとして北海道を訪れる度に真ホッケを食していたのですが、この真ホッケは脂の乗りが今まで食べていたものとは比べ物にならないものでありました!

身を食べ尽くし、皮をむしゃぼり、骨(柔らかくて食べれる!)まで完食したのがこちらwww
真ホッケ食べ尽くし
いんやぁ~、最っっ高の真ホッケ頂きました!!!


真ホッケと合わせたのが北海道といえば芋焼酎『喜多里』

これがまた「くぁ~っ」と染み渡る(>_<。U

そして店内に流れる歌はきました、吉幾三『酒よ』

これはもう北海ジャンジャン&地酒を飲み尽くすパターンに雪崩れ込むしかない!!!

・・・といきたかったところですが、夜もだいぶ遅く、吉幾三に「男には明日がある」とも言われたので大人しく友と二人退散!


北の海の幸と提供してくれた男達に感謝をし、雪降りしきるなか男二人は「ヒャッハー!」して足取り軽くホテルに帰るのでありましたw
雪ん子



続く

01:58  |  ぶらりグルメ紀行  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。