--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2010'12.09 (Thu)

恵比寿間マスカッツ2ndコンサート『にやにや修学旅行in大阪~バナナはおやつじゃないよ 2010冬~』@Zepp Osaka

SETLIST

1.バナナ・マンゴー・ハイスクール

2.OECURA MAMBO

 大久保荷物チェック(コント)

 『NEWS Rio』

  生『かわいい甲子園』
 麻美ハツラツ女子短大付属高校vs初音かわいい水産高校

3.かわいい甲子園

 『プルカワ5』

 『あっきーのZeppのお知らせ』

 修学旅行の夜(コント)

4.12の34で泣いて with 涙四姉妹

5.私マンボー

 『馬の鹿が踊ってる』
 
 『NEWS Rio』
 
 『あっきーのZeppのお知らせ』
 
 生『最強お立ち軍団ヘラクレス』

6.チヨコレイト
 
 Rio手紙

(encore)
7.バナナ・マンゴー・ハイスクール

(w-encore)
8.チヨコレイト


【More・・・】

**********************************************************************

あの伝説のSHIBUYA-AXから早5ヶ月、恵比寿マスカッツ待望の2ndコンサートはなんと大阪・東京のツアー2公演。

その初日12月5日(sun)晴れ、晴れの舞台はZepp Osaka。

ゼップ大阪②

コンサート初の地の会場には、関西のマスカッツファンから遠征組まで1700人もの観客で賑わいました。

リハーサル押しで15分遅れの開場、会場正面には『ゴチャ・まぜ!』やOGみっひーからのお花が。

開場入りすると、2階の関係者席にはOG佐山愛さんの姿があり開演前の観客を沸かせます。

更に遅れること30分の午後17時過ぎ、ついに開演!

ステージ上スクリーンに映し出されたおねマスからのメッセージ「行ってみたかった大阪」のライヴの幕開けです。

スクリーンから一言メッセージを送ってから、リュックを背負ったマスカッツが1人づつ登場。

バックに流れる『Toy Boy』にノって、リーダーゆまチンから次々とマスカッツが観客の声援に迎えられオンステージ。

ラストの28人目、“ミラクルガール Rio”と映し出されテンションMAXと思いきや・・・Rioっちの姿あらず。。

蒼井さんから「リハーサルで張り切り過ぎて腰やっちゃいまして」と説明があり、Rioっち抜きで『バナナ・マンゴー・ハイスクール』『OECURA MAMBO』と立て続けに2曲。

Rioパートは蒼井さんや桜木凛さんがカヴァーしました。

2曲歌い終えて、蒼井さんとゆまチンから恒例のコール&レスポンス、番組タイトルコールでフロア湧きます。

とここでキタ━(゚∀゚)━!!!!!

オープニングでマスカッツが投げ捨てたリュックを持ったRioっちが先生役の大久保さんに連れられオンステージ。

踊れないので歌は無理だけど、どうしても出たいということで。

バナナ以外の物を持ってきた人をチェックするコントの始まり~。

リュックの中には小物が仕込んであり、ちなんだ持ちネタをマスカッツが次々と披露します。

ゆまチンの帽子は阪神ではなく近鉄、東京からグリーン車できた新橋フレディダンサーズも登場したりと凝った演出。

最初のコントが終わるとスクリーンには『NEWS Rio』のVTR。

久々のコーナーでしたが大久保さんとRioっちの掛け合いは絶妙、大久保さんエロス全開。

VTRの間、舞台裏では次のコーナーの準備。

次のコーナーは生『かわいい甲子園』in Zepp Osaka。

審判は小木アンパイアに変わって大久保アンパイア。

観客の反応をもとに大久保さんが判定します。

もちろんウグイス嬢の方も帯同で西野さんの野次にも素早く対応。

試合はやはり媚び禁止&エロ有利の大久保さん判定なので荒れました。

コーナーの流れからリリース前の新曲、公式テーマソングの『かわいい甲子園』へ。

とここでRioっちがスクリーンに映りました!

舞台裏からイスに座った状態で上半身のみの振り付けで歌います。

今回のライヴではRioっちの歌が聴けないと思っていたので、テンション上がりました。

新曲の『かわいい甲子園』はマスカッツ初のロックナンバー。

観客も「Hey!」とフィストバンキングするライヴ向けの曲で、初めてでもスッとノレる楽曲のクオリティの高さが光ります。

歌い終えると一端はけて、新コーナー『プルカワ5』のVTRです。

コンサートのリハーサル風景から“悪いことをしてる人”を プルカワが退治、あらぬところにクリティカルヒットも飛びました。

今回のライヴでは、瑠川さんを初めとする4期生マスカッツがAXの時と比べると断然輝きを増しているのが印象に残りました。

VTR『あっきーのZeppのお知らせ』では、ふんわりとしたあっきーワールドにフロアが和みます。

ステージには、障子扉のセット、敷かれた布団、パジャマ姿で寝そべるマスカッツで次のコーナー。

お楽しみの修学旅行の夜、消灯時間が過ぎても先生の目を盗んではしゃぐ風なコント。

蒼井さんの「出し物やろうよ」の振りでマスカッツが次々と持ちネタを披露、見回りに来た大久保さんがハリセンでツッコミます。

ベッカさんからシコまでお馴染みのネタから、なんとあの『Rioマイケル』まで織井さんの前口上付きで登場!

「腰伸ばせないでしょ」とハリセンが飛び「フォー!」は不発に終わりましたがチョーレアな一時でありました。

“めちゃイケからの贈り物”栗山愛衣さんのセルフ亀甲縛りも生初披露で大いに盛り上り、貴重なパジャマ姿で歌う2曲が続きます。

『12の34で泣いて with 涙四姉妹』では 、ステージで歌うマスカッツからスクリーンで歌うRioっちへ“ミラクルがいる”の掛け合いで仲間の絆を強く感じさせてくれました。

声も力を増し『私マンボー』では、ゆまチンとのデュオで魅せます。

VTRが3本続き『馬の鹿が踊ってる』では、あさみんの抜群の安定感みたいなものを感じました。

そしてラストのコントコーナーは『DX』からのニューウェイブ、『最強お立ち軍団ヘラクレス』

派遣のジェシーも加わり、トサカヘアーにボディコン扇子で往年のジュリアナ系お立ち台ダンスを生初披露。

密かに注目していた、きっしーの踊りの上手さも生で見れて感動しました。

主役の山中さんはインカムマイクのトラブルで声が乗らないアクシデントにもめげず、独特な動きからナチュラルトランスモードに入り観客を煽り盛り上げました。

コントも終わりラストソングです。

とここでステージ左袖からエマニュエル婦人を彷彿せずにはいられないラタンチェアー(以降エマ椅子)に座ったRioっちがマスカッツに運ばれて登場!

少しばかし大げさな椅子にRioっち恥ずかしそうでしたが、マスカッツ28人全員揃い踏み感無量の瞬間でありました。

歌うはもちろんこの季節にピッタリな発売前の名曲『チヨコレイト』

皆でチヨコレイトで最高にハッピーな気持ちでいっぱいになります。

締めはRioっちから『手紙』です。

何を書いたらいいか悩んだようですが、半年で終わるはずの番組がこんなに続いてついにはここまで来れた感謝の気持ちをマスカッツを代表して述べてくれました。

隣にいたゆまチンは最初から涙、Rioっちも手紙を読むうちに涙が溢れ。。

念願の2ndコンサートに初の大阪公演にとステージに立つ気持ちがとても強かったからこそ、こぼれ落ちた涙なんじゃないでしょうか。

そして『Love Somebody』で大合唱。

マスカッツがステージを去ると当然の如くアンコールが沸き起こります。

大声援に迎えられマスカッツが再びステージに。

もちろんRioっちもエマ椅子でオンステージです。

歌う前に蒼井さん紹介のもと、地元関西出身のマスカッツと新たに加わった5期生マスカッツから1人づつ挨拶がありました。

山中さんは、前回のAXでは急な体調不良で少ししかステージに立てなかったリベンジを地元で果たせた事で、感無量の涙を流していました。

蒼井さんは話を広げようとしましたが、ウグイス嬢の方から「長い」とツッコミ。

どうやら帰りの移動の関係上で巻きが入ってるらしく、アンコールの曲にそそくさと入ります。

歌うは『バナナ・マンゴー・ハイスクール』

1曲目とは観客の合いの手も段違いで、Rioっちのソロパートでは特大の「りお」コールも上がりました。

コンサートの盛り上がりは最高潮。

アンコールが終わればダブルアンコール、ついに「ワンチャンス」が沸き起こります。

三度マスカッツがアツイ声援に迎えられ登場。

エマ椅子のRioっちをセンターに大久保さんも加わりみんなで『チヨコレイト』を歌います。

途中から2列目3列目のマスカッツもフロントに出て1列になり、わいやわいや歌って踊ってのパーティー状態。

エンディングは、マスカッツみんなで肩を組んでお礼をしました。

エースRioっちがいない波乱の幕開けでしたが、2時間半以上にも及ぶコンサートが終わってみれば大成功の恵比寿マスカッツ初の大阪公演でした。

コンサート後のハイタッチ会はRioっちはお休み、これは仕方ないです。

万全では無かったけれど、全力で歌って楽しませてくれたRioっちが見れただけで満足でした。

終電に飛び乗り次なる東京へ続く。



ふじ

19:00  |  りおっちイベント  |  トラックバック(1)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

レポお疲れ様です!

Rioっち頑張ってて感動したと色々な方が言っていました。負けず嫌いなRioっちの事だからきっと裏で泣いたんだろうなあ、と思います。でも最後までやり遂げたRioっちは素晴らしいです!

ゴチャまぜからもお花来てたんですね(^ω^)
菅 | 2010年12月12日(日) 11:49 | URL | コメント編集

>菅さん

ありがとうございますU^ェ^U ヾ

同感です、前夜祭も含めて素晴らしい2日間でした!
ふじ | 2010年12月12日(日) 21:00 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

●恵比寿マスカッツ卒業アルバム―すべての『おねマス』ファンに捧ぐ (Gakken Mook) |

恵比寿マスカッツ卒業アルバム―すべての『おねマス』ファンに捧ぐ (Gakken ...
2010/12/17(金) 18:54:26 | 見つけます
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。