FC2ブログ

2011'09.21 (Wed)

氣志團Presents極東ロックンロール・ハイスクールvs恵比寿マスカッツ『100%男女交際!!』@SHIBUYA-AX(セトリ&レポ)

ロックンロールハイスクール看板①

9/15(木)晴れ。

SETLIST

微熱DANJIコント

◇恵比寿マスカッツ

1.Spiderman(DJ OZMA)

2.One Night Carnival(氣志團cover)

MC

3.ヘラクレス~哀愁のパンサアゲイン~(全員ver)

4.バナナ・マンゴー・ハイスクール

5.私マンボー

6.スプリングホリデー

MC(自己紹介)

7.チヨコレイト

MC

8.ロッポンポン☆ファンタジー

(encore)
9.セーラー服を脱がさないで(おニャン子クラブcover)


微熱DANJIコント続き

◆氣志團

1.房総スカイライン・ファントム

2.ゴッド・スピード・ユー!

3.キラ キラ!

MC

4.Baby Baby Baby

5.恋人

MC

6.愛羅武勇

7.房総与太郎組曲 ~Quarrel Bomber~

8.オールナイトロング

9.俺達には土曜日しかない

10.愛してナイト!

11.One Night Carnival(曲中にMC)

(encore)
MC

12.ロッポンポン☆ファンタジー(氣志團と恵比寿マスカッツのセッション)

【More・・・】

***********************************************************************

行こうぜ、ピリオドの向こうへ・・・。

ついに運命の日がやってきました。

氣志團Presents極東ロックンロール・ハイスクールvs恵比寿マスカッツ『100%男女交際!!』です。

極東ロックンロール・ハイスクールとは、メイジャーデビュー10周年を記念して氣志團がホストとなって主催する前代未聞の"THE 対バンスタイル"シリーズGIG。

そうそうたる面子がエントリーしてる中でマスカッツ大抜擢となったわけです。

対バンとは銘打ってますが、単なるジョイントになるはずがないのは明か。

この異色の組み合わせからどんな驚きと感動が生まれるのか心待ちにしてました。

あと私事ではありますが、9年振りの氣志團GIGということで、こういう形で再会するのも運命かなと思い行ってきました(笑)


会場は1年2ヶ月振りとなる"聖地"SHIBUYA-AX。

グッズ販売時間の午後4時になると、氣志團ファンのKISSES(キッシーズ)とマスカッツファンが続々と集まり始めました。

KISSESは女性ファンが多数。

トップクを身に纏った方や、翔やんみたいに金髪リーゼントの男性もいたりと気合い入ってました。

午後6時入場。

平日とあってか最初はガラガラのフロアでしたが、開演前にはそれなりに埋まり2階の指定席もほぼ満席となりました。

客層はマスカッツファンがKISSESをやや上回る勢いで、半分ホーム半分アウェイの様相。

午後7時いよいよ開演。

懐かしのスクールウォーズの主題歌『HERO』が流れると、まずは氣志團のバックダンサー微熱DANJIのコントから。

ロリータ風女子、シノラー風女子、学ラン野郎、3人のKISSESの愛と友情の物語である。

もちろん演じてるのは全員男性です(笑)

氣志團はもう飽きたマスカッツだけ見て帰ると言うロリータ風をシノラー風と学ランが必死に説得するコントで、これがプロの芸人並のオモろさ。

よくよく調べると他の対バン相手にも同じようなコントをぶつけてるみたいですが、小林Pのフィギュアも飛び出す芸の細かさ等もあり大爆笑でした。

そしてついにマスカッツが対バンのステージに登場!

流れるアゲアゲなナンバーは、DJ OZMAのSpiderman。

ステージに現われた謎のマスクの集団は!?

ド派手なライティングの中、ハードなパラパラを踊るのはまごうことなき我らがマスカッツ!!

フロント並びは左から、あっきー、Rioっち、ゆまチン、きっしー、ジェシー。

センターゆまチンはスパイダーマンのフルマスク、他メンバーはスパイダーのアイマスク。

超クールなマスカッツのダンスパフォーマンスに圧倒されるフロア。

と同時に、一糸乱れずに踊るマスカッツに胸がアツクなります。

今まで見てきた中で一番かっこいいマスカッツでした!!

マスクを脱ぎ捨て、興奮冷めやらぬまま次の曲はOne Night Carnival。

先にやっちゃうとかwww

フロントの5人は長ランを羽織りグラサンに白手袋。

リードヴォーカルはもちろん、ゆまチン。

フルコーラスカヴァー&振り付けもフルコピー、曲中セリフも勝手にアレンジとやりたい放題(笑)

KISSESのハートも掴んだ所で、一端捌けてすぐに戻ったマスカッツの手からチラリと見えるたのはジュリアナ扇子??

ゆまチンのMCに割って入ってフロアを煽り始めたのは山中さん。

ヘラクレスの面々がフロントに並び、他メンバー全員をバックダンサーに従える、ヘラクレス~哀愁のパンサアゲイン~が3曲目。

こういうパターンが出来るのもマスカッツの強み。

全員でやるヘラクレスにこれまたド肝を抜かれました。

バナナ・マンゴー・ハイスクールでフロアはすっかりマスカッツ色の空気になり、私マンボー、スプリングホリデーと立て続けに3曲。

周りにいたトップクのKISSESのお姉さん達もマスカッツにアツいコールを。

数ある対バンの中からこの日を選んだとあってマスカッツには好意的なKISSESの皆さんでしたが、それにしてもなかなかの歓迎ぶりでした。

続いてのMCでは恒例の自己紹介をサクっと一人づつ。

途中、MCゆまチンが6期生の里美ゆりあさんをすっ飛ばすハプニング等もありましたが(笑)

ちなみにこの日は、他の仕事で欠場の蒼井さんと療養中の桜木凛さんを除いた22名のマスカッツでした。

チヨコレイトもやって更にアツく盛り上がったところで、MCが入り翔やん作曲の新曲ロッポンポン☆ファンタジーの説明が。

夢のステージに立つ緊張か少々固い ゆまチンを冷静にフォローするRioっちが面白い一シーンも挟み、本日ラストの曲ロッポンポン☆ファンタジーへ。

果穂っちの「ボク、フェロモーン」も一段と響き渡りました。

マスカッツが去ると、対バンでもワンチャンスコールが沸き起こりアンコール。

登場したマスカッツは、セーラーズのトレーナー!?

歌うはこの曲しかない、おニャン子クラブのセーラー服を脱がさないで。

そうきたかと大爆笑www

以前スカットソングでもやった曲でしたが、今回はフルコーラスカヴァー&振り付けフルコピーと激レア。

フロント並びは左から、キッコーさん、Rioっち、ゆまチン、瑠川リナさん。

Rioっちは、なかじパート歌ってました・・・って知らないか(笑)

まさかのおニャン子でアンコールは盛り上がり、マスカッツのステージは終了。


対バンホストの氣志團のセットチェンジに入ります。

ドラムセットが運び込まれると、ロックのライヴが始まるんだとテンションが高まります。

セットチェンジが終わると、再び微熱DANJI登場でコントの続き。

これが本日欠場のはずの蒼井さん登場で大ウケwww

えらくガタイのいい蒼井さんでしたが、自前のマスカッツ衣装によく見るとしっかりと特徴も掴んでるし(笑)

ロリータ風もやっぱり氣志團のGIG見るわ、と女3人の友情も深まったところで・・・。

COMPLEXのBE MY BABYが鳴り響き、氣志團登場!!

インスト曲の房スカからGIGはスタートして、ファストナンバーのゴッド・スピード・ユーへとなだれ込むお馴染みの展開にコチラもフルスロットル。

続けざまに、これまたファストナンバーのキラキラ!で畳みかけ、フロアの空気を一気に掴みます。

疾走するサウンドと抜群のステージパフォーマンスにマスカッツファンも思わず拳を振り上げる様相。

翔やんのMCタイムは、「オーライ」のコール&レスポンス祭りから。

「オーライ!」「オムラーイス!」「オムローン!」「大村崑!」はたまた・・・・(笑)

「あんまり放っとくと木更津に帰っちゃうよ」「今日はロックンロールハイスクールとバナナマンゴーハイスクールの合同修学旅行」等、

ツボを押さえたトークでグイグイ引き込んでくるあたりさすが一流のエンターテイナー。

ニューアルバム『木更津グラフティ』からは軽快なロックンロールを聴かせてくれるBaby Baby Baby。

微熱DANJIを従えるGIG定番曲の恋人では更なる高まりを。

再び翔やんMCタイムでは、自虐ネタを織り交ぜつつ極東ロックンロールハイスクールの話へ。

「ユニコーンは大人気なかった」「ドラゴンアッシュは本気で潰しにきてた」等、酷い目にあってるとか(笑)

One Night Carnivalを先にやっちゃったりとやりたい放題のマスカッツには「本当にすいません」と謝られて許してしまったとか(笑)

「全部マッコイさんが悪い」とか、「マスカッツが生まれた頃には既に性に目覚めてた」とか(笑)

ボキャブラリー豊富な翔やんのトークは本当惹き付けられます。

ブランクもありそれなりに予習してきた中で一番聴きたかったのが愛羅武勇。

アツい歌詞を熱唱する翔やんと光ちゃんのハーモニーが素晴らしくて聴き入りました。

房総与太郎組曲 ~Quarrel Bomber~ では、翔やん&光ちゃんが巨人に。

ランマちゃんがリードヴォーカルのオールナイトロングでメロウな空気に包まれた後、俺達には土曜日しかないと愛してナイト!でアゲアゲになるフロア。

そして、One Night Carnival。

マスカッツも良かったけど本家本元はやっぱり違います(笑)

曲中盤から翔やんの曲より長いMCタイム。

「この曲のカラオケ印税収入年間70万を6人で割って食べてる」「10年やっててテレビ局の弁当が今だに5人分の時がある」とか(笑)

「麻美ゆまちゃんちのポストに弱った鳩2羽を入れられたくなければ歌ってくれ」「佐山愛の電話番号教えるから」等、交換条件を突き付け(笑)

KISSESもマスカッツファンも会場全体でサビを大合唱して一つになりました。

アンコールでは、みやすのんき先生イラスト担当のコラボTを着て氣志團登場。

翔やんの呼びかけで同じくコラボTを着たマスカッツも登場、氣志團と並びます。

MCフリートークでは、マスカッツの楽屋に氣志團メンバーの電話番号とアドレスが貼ってあったと ゆまチンから(笑)

翔やんは楽屋のモニターで見ていてOne Night Carnivalでの西野さんのロボットダンスの動きが変だったとか(笑)

氣志團と共演するという夢が叶ったKISSESのゆまチンの目からは涙。

その涙をさりげなくタオルで拭うのは今日もダンスがキレキレだった光ちゃん(笑)

ゆまチンの隣のRioっちも胸いっぱいになって涙ぐんでました。

氣志團というビッグアーティストと共演出来て最高のパーフォーマンスが出来たのだから。

そんなマスカッツに翔やんから「マスカッツは本当のアイドルです」と称賛の言葉が。

そしてアンコールはなんと、氣志團をバックバンドにマスカッツが歌うロッポンポン☆ファンタジー。

マスカッツ初のバックバンドです。

この日に為に練習してきたそうですが、これがメチャクチャかっこよかった!!

自分のとこからはギターのトミーとドラムのユッキがよく見えたのですが、サラっと演奏してアイドルポップをロックンロールに変えてしまう氣志團にシビレまくりでした。

とかく色物に見られがちですけど、何気にテクニシャン揃いで演奏力は高いんですよね。

マスカッツもすごく楽しそうに歌ってるのが印象的でした。

もちろんガタイのいい蒼井さんも飛び入りで一緒に歌ってました(笑)

ラストはマスカッツが一言づつコールして決めジャン。

ファミリーが横一列で手を繋ぎお辞儀をして合同修学旅行は終わりました。


どんな対バンになるか楽しみでしたが、こんな素晴らしいワンナイトカーニバルになるとは。

期待を上回る最高のパフォーマンスを見せてくれたマスカッツ。

懐の深さとアツいヤンクロックを魅せてくれた氣志團。

是非ともワンモアナイトカーニバル実現させて欲しいものです。

氣志團の単独GIGにも絶対行くぜ!

その時は内緒で行きますけどね(笑)



ふじ

00:10  |  りおっちイベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME |