--'--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2011'10.10 (Mon)

恵比寿マスカッツ全国CAMP第2弾 in福岡@福岡 SKALA ESPACIO(セトリ&レポ)

福岡会場前
水炊きプースー

9/25(日)晴れ

出演メンバー:麻美ゆま・Rio・吉沢明歩・小川あさ美・安藤あいか・希崎ジェシカ・希志あいの・山中絢子・児玉菜々子・里美ゆりあ

SETLIST

1.スプリングホリデー

2.OECURA MAMBO

MC

3.かわいい甲子園

4.口ゲンカしないで

MC(自己紹介)

5.ロッポンポン☆ファンタジー

MC(質問コーナー)

6.真夜中の2時恵比寿

7.チョコレイト・ディスコ(あっきーのチョコレートパーティー)

8.ヘラクレス~哀愁のパンサアゲイン~(全員ver)

里美ゆりあのポイ・コーナー

MC

9.チヨコレイト

10.私マンボー

11.12の34で泣いて with 涙四姉妹

(encore)
12.ロッポンポン☆ファンタジー

MC(フリートーク)

13.バナナ・マンゴー・ハイスクール

募金活動

握手会

【More・・・】

九州キャンプのオーラスは福岡CAMP。

3日間ほんとによく晴れました。

会場は天神の中心部の一角にある福岡 SKALA ESPACIO。

オブジェもディスプレイする多目的イベントホールでいつもとちょっと違う雰囲気。

ワンフロアでステージは柵との間が離れてて距離感が。

客入りはソールドアウトとはいかなかったものの満員御礼、700人近い集客があったのではないかと。

福岡も女性ファンがたくさん来ていて、マスカッツのコスプレをしてる方々もいて賑わってました。

ライヴは午後4時を15分ほど押して、スプリングホリデーからスタート!

最終日とあってか福岡が一番声援が大きかったです。

口ゲンカはジェスvsきっしーから。

昨日のライヴでジェスが歌詞を間違えたときっしー攻めると、きっしーの昨日のパンツが汚かったとジェス反撃(笑)

押し切ったジェスの勝ち。

きっしーは負けたほうが可愛いと評判。

続いて山中vs児玉菜々子(以下敬称略)

大阪ヤンキー風と弱気なメガネッ娘対決はどちらも決め手がなく引き分け。

3日目もセトリを変えてきて、早めのロッポンポン☆ファンジー。

質問コーナーは帰りの交通の関係もあり若干巻き気味。

熊本のブルーシャトーの話になった時は止めのチャイムが特に早かったような気が(笑)

ちなみにゆりあ様は最終日とあってか大人しめの自重モードでした。

ロータリー娘は久留米の若社長に振られてから博多どんたくの花火で打ち上がるコントから歌へ。

あっきー登場「お下がりくだちゃい」で、ロータリー娘「ごめんちゃい」と下がると、チョコレートパーティー。

明太子チョコをご賞味で「なんじゃこりゃー」といつもと違ったパターンを見せました。

ヘラクレスは昨日と同じく全員ヴァージョン。

元気過ぎるゆまチンは丸見えというかほぼ剥き出しで後のMCタイムでRioっちにもツッコまれてました(笑)

ゆりあ様のコーナーは昨日と同じくポイを披露。

ゆりあコールもすっかり定着。

ちなみに同じ事務所のRioっちは里ちゃんと呼んでました。

ゆりあ様がポイを後ろ向きで回すあっと驚くパフォーマンスに拍手喝采。

りおっちも初挑戦ながら回すことに成功して線の良さを見せてました。

3DAYSのラストも近づいてきた12の34では、ゆまチン思わず涙でソロパート歌えず。

ケンシロウ姐さんもつられて涙のソロパート。

りおっちをはじめ他メンバーを涙を浮かべて歌ってました。

響くワンチャンスは最後に大きく一つになる感動的なコールに。

ワンチャンスに迎えられマスカッツが歌うは、後ろ向きにセットインしたマスカッツがバックライトに照らされるカッコイイ演出から始まるロッポンポン☆ファンタジー。

リリース前の新曲ながらもマスカッツライヴには欠かせない程の盛り上がりを。

MCに入ると最前列で号泣するファンを見たゆまちんが早々にもらい泣き。

3日間のライヴで胸いっぱいになり涙ぐむマスカッツ。

そんな中フリートークでは、ジェスが私マンボーで水着が取れてしまいやばかったハプニングエピソードを。

浜松CAMPのゆまチンのポロリといい、こういったハプニングがあるのもマスカッツライヴの醍醐味(笑)

ケンシロウ姐さんは「ライヴはみんなで作り上げるもの」と良いことを言ってました。

ラストの挨拶では、本日と3日間の感謝を述べるRioっちから大粒の涙が。

かつて泣かない女と呼ばれたあさみんも挨拶中に涙。

顔を覆い隠すあさみんを、おねマスでも披露したモザイクで隠す心やさしきゆりあ様。

リーダーゆまチンが涙ながらビシっとシメた後「こんな時に心苦しいんですが・・・」と言うと、「はいはい、そういうのは私が」とうって出て新曲&物販の告知をするRioっち(笑)

この時のりおっちがめっちゃ可愛かったと評判で持ちきりだったのは言うまでもありません(笑)

エースとしてゆまチンのサポート役として3日間本当によくチームを支えてました。

九州メンバーの結束の強さが光った後は、もうこの曲しかないでょうと言わんばかりに、ラストはバナナ・マンゴー・ハイスクール。

笑顔いっぱいに弾けて大盛り上がりのクライマックス。

フィナーレはお約束の番組タイトルコールをして、手を繋いで横一列になりお辞儀すると思いきや!?

何処からともなく沸き起こった大ジェスコールが(笑)

「ボク、フェロモーン」とジェスがおどけて返し、マスカッツがお辞儀をして九州キャンプは大団円。

3日間の余韻に浸りながらも、九州メンバーがもたらすマスカッツの大活躍をもっともっと応援すると胸に抱き、家路に着くのでありました。



ふじ

02:33  |  りおっちイベント  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  EDIT  |  Top↑

Comment

九州遠征お疲れ様でした。そしていつも濃密で愛のあるレポートありがとうございます。
生りおっちに合いにライブいつか行ってみたくなります。これからも応援しております。
なおふみ | 2011年10月11日(火) 07:31 | URL | コメント編集

>なおふみさん

ありがとうございます!

とんでも恐縮ですv-356

このレポはほんの断片的なものなので、是非生りおっちにマスカッツライヴに足を運んでみて下さい。
ふじ | 2011年10月11日(火) 17:29 | URL | コメント編集

コメントを投稿する


管理者だけに表示

▲TOP

Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。